女性用育毛剤-男性ホルモンを抑制するタイプの特徴・効果

女性用の育毛剤には種類があり、その選び方を間違えてしまうと効果がないばかりか、副作用に苦しめられることがあります。

その為、女性の場合は特に原因をしっかりと特定し、正しい種類の育毛剤を使用する必要があります。

女性育毛剤の中には男性ホルモンを抑制するタイプのものがあります。今回はそれを選ぶ場合の薄毛の原因と、なぜ効果があるのかについてお話します。

まず女性の薄毛原因に、男性ホルモンの分泌が高まることによって起こるものがあります。男性ホルモンの1種であるテストステロンはジヒドロテストステロンを生み出しますが、これが実は抜け毛に繋がります。

社会進出を果たす女性も多く、ストレス社会の中でホルモンバランスを崩してしまった女性の中には、男性ホルモン値が高くなりすぎることで薄毛に繋がっている場合もあります。このような時に、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤が効果を示します。

但し、男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤は男性向けに販売されているものが多く、女性は使用しないように定められているものがあります。

実際、男性ホルモンが原因ではない薄毛だった場合、男性ホルモンの働きを弱めることで効果は無いのに副作用だけが伴う危険性もありますから、女性が男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤を使用する場合は一度ホルモン値の測定に病院などを受診しましょう。

そしてもしホルモン値に原因があった場合はかかりつけ医師に相談し、選び方を聞いて使用するようにしましょう。

その他に持病があったり、服用している薬があったりする場合も同様に選び方や注意点を医師に確認の上、使用してもいいか許可を取って使用するようにしましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る