白髪の主な原因は加齢とストレス

20代や30代前半ではあまり気にならない白髪ですが、35歳を過ぎたあたりから白髪が目立つようになってきたという方も多いのではないでしょうか。

白髪があるとどうしても老けた印象を与えてしまうため女性は特に白髪が気になるものです。

1~2本くらいならまだ許せても知らない間に増えていることが多い白髪ですので、白髪染めを定期的に行って白髪を隠しているという女性も多いのではないでしょうか。

加齢以外にもストレスの増加など以前にも増して白髪に悩む女性がが増えています。年齢とともに増えてくる白髪ですが、なぜ今までなかった白髪が急に生えてきてしまうのでしょうか。

白髪の主な原因と言われているのが、加齢です。体の老化によって色素細胞(メラノサイト)が弱り、髪を黒くするメラニン色素がつくれないため白髪が増えると考えられます。

本来なら黒くなるはずの髪の毛に色をつけることができなくなってしまうため、そのまま白い色の何もない髪の毛が生えてきてしまいます。
毛根の中にはあらかじめ決められた量のメラニン色素があります。

もちろん生成されていますので、毛根の中のメラニン色素が少なくなれば補てんしたりしていますが、それが加齢とともに機能が衰えてしまうために、メラニン色素の生成がうまくできず白髪が生えてきてしまいます。これは女性男性、性別関係ありません。

また、白髪の原因としてもうひとつ考えられるのがストレスです。
このご時世、ストレスフリーの人はいません。大なり小なり女性だって男性だってストレスを抱えて生きています。

しかしながら、このストレスも白髪の原因と言われていることを知っていたでしょうか?
ストレスと白髪は一見、関係ないようにも見えますが、髪の毛の色素を作っている細胞にストレスが悪影響を及ぼすため、ストレスにより白髪が増えてしまうことがあるのです。

悩めば悩むほど、白髪の量が必然的に増えてきてしまいますので慢性的なストレスを抱えている人というのは頭髪に白髪が多いとも言われているのです。

急激なストレスが長時間続くことで大きなダメージを与えてしまいますので、ストレスの軽減はもちろん白髪が映えることを否定せず肯定してあげるようにすると白髪が減るなんてことも言われています。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る