女性が薄毛になる原因5:間違った頭皮ケア

女性の薄毛や抜け毛の原因となるものの一つに「間違った頭皮ケア」「シャンプーやコンディショナーのすすぎ残し」というものが挙げられます。

自分では間違っていない、正しいと思っている頭皮ケアやシャンプーの仕方でも実は間違っていたなんてことも少なくないのですが、あなたの頭皮ケアやシャンプーの仕方は本当に大丈夫ですか?

女性の薄毛にはいくつか種類がありますが、その中の一つ「びまん性脱毛症」は、頭皮の血行に良いと思う気持ちばかりが先走ってしまったための間違ったケア、一日に2回以上の洗髪及びシャンプーやコンディショナーのすすぎ残し、強い力でのブラッシングなどによって起こることがあると言われています。

頭皮の血行を良くするために強い力でブラッシングをしていたり、ブラシで頭皮をたたいたりされている方もいると思いますが、それが間違っているとすれば、薄毛や抜け毛が増えてしまうのも必然だと言えます。

また、シャンプーが頭皮や毛髪にあっていなかったり、洗浄力の強いシャンプーを使っているばかりに頭皮に必要な脂分を奪ってしまい、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうこともあるのです。

つまり、自分では間違っていないと思っているケアやシャンプーが命取りになってしまっているかもしれないわけです。

正しい方法を取り入れていれば、髪の毛も元気になって生えて来るのが本来なわけですから、それがないということは間違った方法を取り入れている可能性も否めません。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る