男性と女性の薄毛の違い

男性の薄毛と女性の薄毛って原因や背景が微妙に異なることをご存知でしょうか?

男女共に「歳だから…」と加齢を理由にしてしまう事があるのですが、実際は原因を知り、普段のケアにちょっとだけ気配りをすることで薄毛を解消させることができるのです。

男性の場合、男性ホルモンの過剰分泌によって毛根部の細胞が刺激されてしまい薄毛になってしまう事が知られています。
また、皮脂の分泌も過剰になりつつありますので毛穴がつまり、毛が抜け落ちてしまうのです。

女性の場合、女性ホルモンの分泌が衰えることで薄毛になりやすいと言われています。
出産後や更年期前後に抜け毛がひどくなると言うのは女性ホルモンの分泌減少が原因です。

また、パーマやヘアカラーの薬液による刺激で毛の量が減ってしまう、過度なストレスやダイエットによる頭皮の血行不良なども原因ともいわれています。
さらに、女性の肌は乾燥しがちです。保湿を怠ることで頭皮が乾燥し、毛が抜けやすくなってしまうことも考えられるのです。

男性の場合は、皮脂を適度に洗い流し、保湿をして皮脂の過剰分泌を抑えること、亜鉛などのミネラルを補給することでホルモンバランスを一定に保つなどのケアで薄毛を防ぐことが出来ます。

女性の場合は、頭皮の血行を促進すること、保湿をすること、婦人科治療などで女性ホルモンを補充するなどの治療を行うことで抜け毛を抑えることが出来ます。
女性の髪の毛は1本の太さが細くなってしまうため、ボリュームダウンにつながってしまうのです。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る