睡眠不足で抜け毛になるってホント?

毎日忙しく24時間では足りない!という女性も少なくないと思います。

育児に家事に、今は共働きでがんばっている女性も多いですから、加えて仕事に、はたまた近所づきあいや人間関係などいろいろなことが目まぐるしく起こります。

家に帰ってもご飯を作ったり洗濯ものをたたんだりと、ゆっくりソファに座ることができるのは22時過ぎなんて方も少なくないのではないでしょうか?

22時以降に自分の時間が作れるという方は、そこからが趣味に使う時間となってしまいます。

美容のためには本来ならば22時には布団に入って目をつぶっておきたいところなのですが、そうもいかないのが女性。

つまり、毎日毎日忙しい時間を過ごしていることで睡眠不足が慢性化してしまい、ホルモンバランスが乱れたり生活習慣が悪化してしまったりすることにつながるので、薄毛や抜け毛を起こさせてしまうのです。

よく、22時~翌日の2時までは新しい細胞がつくられたりする時間のピークであると言われていますよね。

つまり、その時間に就寝をしておかないと、作られるはずの細胞も身体の機能も上手に働くことができず薄毛や抜け毛といった症状が見られるようになるのも何らおかしなことではないのです。

薄毛や抜け毛の悩みを持っている人の中には、びっくりするくらい睡眠不足であるという人もたくさんいるのが現状なのです。

薄毛や抜け毛の原因となる睡眠不足。

どんなにやりたいことがあっても、23時頃までには必ずベッドに入るように心がけましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る