フケが多いときの対処法はどうすればいいの?

女性の頭皮のフケには2種類あり、「乾性フケ」と「脂性フケ」に分けられます。

「乾性フケ」は頭皮の乾燥が原因で発生し、「脂性フケ」は頭皮のマラセチア菌の繁殖が原因で発生します。

それぞれ原因が違う為に対処法も異なるため、これらそれぞれのフケのどちらに当てはまるか、まずは頭皮環境を見極めましょう。

「乾性フケ」の対策法は、頭皮に皮脂量が不足している為に起こるため、水分量が足りないことを改善しなければなりません。

つまり、皮脂量が不足する原因を改善する必要があります。

皮脂量の分泌が不足しているか、シャンプー剤などで除去しすぎているかの2通りの可能性が考えられます。

また、秋~冬は乾燥しやすいシーズンなので、この時期に酷くなる人は気候によって影響を受けている場合もあります。

他にも、栄養不足やストレス、血行不良など生活習慣が原因の場合もあります。

そのため、生活習慣の改善や乾燥しやすいシーズンには保湿ケアをするなどの対策が有効です。

また、シャンプーで洗い流しすぎている場合もあるので、脂質をあまり除去しないタイプのものを選ぶようにしましょう。

「脂性フケ」の対策法は、菌の増殖の引き金となっている過剰な皮脂分泌を抑えることです。

気候としては夏場に皮脂分泌が多くなるので、夏場に酷くなる傾向がある女性は夏場専用の頭皮ケアを考えなければなりません。

食習慣や生活習慣・ストレスが原因となっている場合もあるので、これらによって皮脂分泌が多めに傾いていると感じる場合は、シャンプーなどできちんと余分な皮脂を落とすことが最善の対策になります。

シャンプー後の湿気も良くありませんから、長い髪で乾かすのが大変な女性も、入浴後はすぐに乾かすようにしましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る