界面活性剤が、パサツキやベタつきなどのトラブルを引き起こす理由に

女性にとって美しい髪は魅力の1つですね。

しかし、髪の毛がパサついていたり、ベタついていたりする女性も多く見かけます。

髪の毛は、顔のしわやシミのように化粧で隠せませんし、ワックスなどを塗っても一時的にまとまっているように見えるだけに過ぎません。

髪にハリがなく、パサついたりベタついたりといったトラブルを抱えている場合、その原因の多くは頭皮にあります。

髪が不健康な状態になる原因は、頭皮の乾燥や脂性肌が原因です。

これはどれも皮脂の分泌が多すぎたり、少なすぎたりすることで起こります。

そして正常に保たれるはずの頭皮の皮脂分泌バランスが崩れる原因には、シャンプーに含まれる界面活性剤が悪影響を与えている場合が多いのです。

シャンプーに含まれる界面活性剤が石油系の洗浄効果の強いものだと、頭皮や髪の皮脂を洗い流しすぎてしまいます。

頭皮から皮脂が奪われると水分が保持されなくなり、頭皮に乾燥という悪影響を与えます。

一方で乾燥してくると皮脂が足りないと判断した頭皮が過剰に皮脂を分泌します。

これにより頭皮がベタつくという悪影響を与えることもあるのです。

ヘアケアという観点では、このような皮脂バランスの乱れが起こるのは女性の美しい髪を維持するのにも、女性の健康的な頭皮にとっても良くありません。

ヘアケアに界面活性剤自体が悪いのではなく、強すぎる洗浄成分の界面活性剤が髪の毛に悪影響を与えます。

シャンプーに含まれる界面活性剤がアミノ酸系のものを選んで、なるべく洗浄成分の強すぎないものを選び、ヘアケアに良いシャンプーを使用しましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る