界面活性剤って一体どんなもの?

界面活性剤とは、ずばり物質の境目を意味する『界面』に作用し、性質を変化させる物質の呼称です。

その性質が水になじみやすい親水性のものもあれば、油になじむ親油性のものもあり、目的に応じて使い分けることによって、本来は混じらない水と油を混じらせることができるようになります。

また、この性質を利用して汚れを落とす為、シャンプーだけでなく食器洗いに使用する洗剤などにも広く使用されていたり、他にも女性の化粧品や食品にまで使用されることもあります。

これだけ聞くと化学的な成分のイメージが強くなりますが、床を拭くとツヤを与えるお米のとぎ汁にも自然界の界面活性剤が含まれています。

ですから決して界面活性剤自体に問題があるわけではなく、むしろシャンプーとしてきちんと頭皮の汚れを落とす為にも欠かせない成分なのです。

しかし、ヘアケアという観点では少し注意しなければなりません。

界面活性剤の洗浄能力が強すぎる石油系のものは、頭皮の皮脂を落としすぎる傾向があり、このためさまざまな頭皮トラブルを引き起こす原因となるのです。

ヘアケアを充実させるためには、頭皮環境が正常に保たれることが重要ですが、界面活性剤の洗浄成分が強すぎると頭皮の皮脂バランスを崩してしまいます。

女性でも最近薄毛や抜け毛に悩まされる人が多いのは、ヘアケアを意識しないシャンプーを使うことよって引き起こされていることも多々あります。

女性が美しい髪、美しい頭皮を維持する為にも、パッケージや香り、価格だけでなく、含まれている界面活性剤にも注目してシャンプーを選びましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る