気をつけたいシャンプーの成分にはどんなものがあるの?

女性がヘアケアを考えた時に、頭皮の為にも避けるべきシャンプーの成分はたくさんありますが、中でも代表的なものが2つあります。

1つ目はシリコンです。

最近ではノンシリコンシャンプーも増えてきましたが、そもそもなぜシリコンが良くないかよく分からないという方も多いかと思います。

シリコンは髪にツヤを与え、コーティングをしてくれる働きのある成分なので、このように聞くと良いもののようですが、ヘアケアという観点では良くありません。

シリコンが頭皮に残ることにより、毛穴詰まりを起こして、髪や頭皮のトラブルにつながり、薄毛などの原因となります。

2つ目の避けるべき成分としてはラウレスやラウリル系の強い洗浄成分です。

強い洗浄成分が含まれるシャンプーは泡立ちが良く、人気が出やすいので市販のシャンプーの大半が使っています。

しかし、泡立ちが良ければ頭皮の汚れを落とせているというのは大きな間違いで、むしろ頭皮から必要な油分を取り過ぎることにより、頭皮の乾燥や脂性肌などのトラブルを引き起こします。

ヘアケアを考える場合、これらの代表的な成分の他、添加物はなるべく含まれていないシャンプーを選ぶようにしましょう。

しかし、無添加という表記は日本では具体的な規定がない為、無添加表記があればいいというわけではありません。

いつまでも髪が美しい女性でありたいと望む方はこれらの成分が含まれず、なるべく頭皮に優しいシャンプーを使用したいものですね。

CMのイメージや香り、大きく表記されている文字だけを当てにせず、成分表をきちんと確認して余分なものが含まれていない髪や頭皮に優しいシャンプーを選びましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る