シャンプーは含まれる洗浄成分の確認を

ヘアケアを考えたシャンプーの選び方として重要なポイントとなるのが、含まれる洗浄成分がどのようなものであるかということです。

洗浄成分と言うと、洗浄力が強いほうがよく落ちる気がしていいような気がしますが、それは逆です。

例えば、食器などを洗う際であれば、食器の油汚れなどを強く落としてくれる洗浄成分のほうが良いでしょう。

しかし、強い洗浄成分が手に付着することによって手が荒れることがあります。

つまり、しっかり汚れを落とすことも大切ですが、必要なものも落としすぎないよう注意が必要だというわけです。

シャンプーは頭皮に直接使用するものですから、やはりヘアケアを考えて洗浄成分には注意をしなければいけません。

手と同じように頭皮が荒れることによって、薄毛などの悩みにもつながってしまいます。

中でも注意が必要な市販のシャンプーの選び方ポイントとしては、ラウリル系やラウレス系の洗浄成分を避けることが挙げられます。

市販シャンプーに使用されることの多いラウリル系ラウレス系洗浄成分は石油系であり、強い洗浄能力を持っています。

しかしそれがあまりに強いので、デリケートな頭皮には不向きです。

石油系ですから当然成分そのものの刺激が強いのはもちろん、皮脂を洗い流しすぎるので頭皮を乾燥させたり、脂性肌にしてしまったりする原因となります。

女性で頭皮が乾燥してフケが大量発生しているのは嫌ですよね。

逆に頭皮がベタついている女性も魅力的とは言えません。

女性がヘアケアを真剣に考えるならば、この選び方を参考に、ラウリル系やラウレス系の洗浄成分が含まれないシャンプーを選びましょう。

関連記事

よく読まれている記事

ページ上部へ戻る